ギター試奏 suhrとcoolzを弾き比べてきた〜簡単に感想まとめ〜

某S楽器にて、ハイエンドギターの代名詞ともいえる「Suhr」と、庶民派ギター「cool Z」を弾き比べてきました。
価格はSuhrが46万円(中古車買えますね笑)、cool Zは56,000円と約10倍近い差がありました。

ちなみに、僕のギターの実力は中の下くらい。。。
アマチュアハードロックバンドをやっています。

さて、価格なりの違いはあったのか?僕なりの感想です。

スポンサードリンク


Suhrの特徴 弾いた感想

まず持った感じは、軽い!
ストラトと同じくらいか、少し軽いかも。

軽いんだけど、しっかり感というか剛性感というか、本当に作りがいいな〜というのが伝わってきます。
試奏させてもらったのは、Modern Proというモデルです。

ストラトに近いシェイプのバスウッドボディーに2ハムのトレモロ付き。指板はメイプルでした。
1ボリューム1トーンで5wayセレクターのシンプルなコントロール。
ミニスイッチなどは付いていません。

ネックはUSAのストラトに比べると少し太めか同じくらいで、左手がしっかり固定できて握りやすかったです。
Cシェイプになるのかな?ちょっとよくわかりませんでした。

ネック裏やフレットエンド(エッジ)はきれいに処理されていて、素早い横移動でも気になりませんでした。
というか弾きやすい!めっぽう弾きやすいネックです。

出音はストラトに近い感じです。
ハムバッキングなのでストラトより中域の出た強い音がします。

かといって強すぎず、レスポールのハムバッキングより軽くて、クリーンでも歪ませてもとても扱いやすい音でした。
ピックアップポジションを変えるだけで、ヘビーなリフにもファンキーなカッティングにもぴったりマッチした音が出せました。
バッキングもソロも、セレクターとボリュームだけで十分対応できます。

フレットはステンレス製です。
弾き手から見た時も、キラキラしててすごくきれいでした。

普通のスチール製フレットに比べると、音の立ち上がりが早い印象です。
このステンレスフレットと厳選された木材と精度の高い木工加工のおかげで、弾いたニュアンスがそのままアンプから出てきます。

…これが中の下ギタリストには非常にやっかいで、自分の実力をこれでもかと思い知らされます。。
右手のピッキングの雑ぐあいも、左手が押さえるポジションのあいまい具合も、非常〜に素直に出力されてしまう。

中途半端な腕で速弾きしようものなら、中途半端な速弾きの音がします。当たり前ですが笑

クリーンでも歪ませてても、和音がしっかりわかります。
なので、ちゃんと押さえてないとどの音が鳴ってないかばっちりわかります。

僕はそんなに音感がいい方ではないですが、オーバードライブでがっつりコードを押さえて弾いていても、各コードトーンがちゃんとわかりました。
自前のギターは国産の10万円以内クラスのギターを使っていて、普段こんなにコードの音がきれいに聞き取れることはなかったような…

試奏の後半は速く弾くことはあきらめ、いろんなコードを押さえたりゆっくりフレーズを弾いたりして、ハイエンドギターの実力をたっぷり堪能してきました。

46万円はさすがに高すぎる気もしますが、いつかは欲しいかも。。。

cool Zの特徴 弾いた感想

まず販売価格で56,000円ですが、全然悪いギターじゃないです。
木材はどんな品質のものを使ってるかわかりませんが、木工加工はしっかりしてました。

試奏させてもらったのはテレキャスターです。

ネックはsuhrと同じくらいの太さで、こちらはわかりやすいCシェイプでした
(未確認ですが)。

ネック裏の仕上げやフレットエンドの処理は、suhrほど念入りではない感じもしますが、全く問題なくきれいに仕上げられていました。

出音は、うっすら音に膜がかかっているように感じます。
ていねいにゆっくり弾いても多少雑に弾いても、ある程度同じニュアンスにまとめてくれるように感じました。

ただネック処理も出音も、あくまでも「suhrと比べると」ということで、安かろう悪かろうということではありません。
このギターだけホイと渡されたら、全然いいギターじゃん!となりそうです。

むしろ、ドライブ感あふれるロックフレーズ!みたいなのは、cool Zの方が合うと思います。
suhrだときちんと弾かないと音が出ないので、中の下ギタリストには気になってイマイチ乗り切れませんでした。

そして和音ですが、クリーンでは当然なんの音が鳴っているかちゃんとわかります。
オーバードライブくらいに歪ませると、セブンスもテンションコードも一緒というか、どんなコードかちょっとよくわからなくなりました。

もちろん弾いてる本人はわかりますが、一緒にいった仲間にはよくわからなかったらしいです。

音が丸められるような、なんというか例えるなら、

suhrが製図用の細いシャーペンで書いた文字だとすると、
cool Zはマッキーか筆(言い過ぎか?)で書いた文字のような、

そんなニュアンスです。

趣味でギターをやってるアマチュアバンドマンが日常使いするなら、断然cool Zの方がいいと思いました。

どれくらい弾けるようになったらハイエンドギターを持つのがいいか?

結局、うまくないとハイエンドギターは持っちゃいけないの?みたいなことにもなりかねないんですが、そんなことはないです。

ギターの基本的な演奏テクニックが身に付いていないとしっかり鳴らせないのは確かですが、逆に言うと、しっかりした演奏技術を身に付けるためにハイエンドギターで練習するのは全然アリだと感じました。

趣味でノリノリでテンションあげて演奏するだけならcoolZはピッタリですが、もっと上手くなりたい、ニュアンス出したい、フレーズに色をつけたい、みたいなことを考え出すと、普段からハイエンドギターで練習した方がいいような気がします。

パーティーなどで一曲でも人前で演奏する機会があったり、ある程度定期的にライブをやってるなら、ハイエンドギターを持ってもいいんじゃないでしょうか。

店員さんが言ってましたが、ニュアンスを表現できるギターを真空管アンプで鳴らすのが一番上達するそうです。
これは僕もそう思います。弾いてみて実感です。

まあその後にsuhrのアンプ(60万円!笑)と最大84回のローンも紹介してくれたので、
やるな~商売人という感じですがね笑

ローンを組んでまでは買いませんが、でもでも、いつかsuhrがうちにやってくるような予感がした試奏会でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする