古いシールの剥がし方 ギターのボディに残ったシールをキレイに剥がす方法

今回は、ギターのボディに貼られた古いシールをキレイに剥がす方法をご紹介します。

実際にシールが貼られたギターを手に入れたので、

実演画像をのせてみました。ぜひ、ご覧ください!

古いシールを剥がすのは、ダイソーのシール剥がし剤が
一番いい!

ギターのボディに残った古いシールのあと、剥がすのは大変ですよね。
ベタベタさせずにキレイに剥がすには、ダイソーのシール剥がし剤が一番いいです。

スポンサーリンク



ただし、ポリウレタン(エステルも)限定です。

ラッカー塗装の高級ギターにもしシールが貼ってあるなら、
迷わずショップに相談しましょう。

一般的にはシール剥がしの方法はいくつかあって、

・ドライヤーで温める
・消しゴムを使う
・手で地道にこすり落とす

などの方法をご存知かもしれません。

ギターのボディということに限って言うと、
ドライヤーは熱で塗装を傷めますし、
消しゴムも同様に塗装を傷めることがあります。

手で落とすと、意外と自分の爪でボディを傷つけることがあります。

そこで一番キレイに早く落とせるのが、
ダイソーのシール剥がし剤です。

ダイソー限定のように書いていますが、他の100円ショップのものでも
おそらく中身は一緒です。

ダイソーの容器は、シール剥がしの作業や余った剥がし剤を保管する時に
一番使い勝手がいいので、
このサイトではダイソーをオススメします。

ギターのボディにこびりついた古いシールを
ネバネバを残さずキレイに剥がす方法

では実際に、この状態のギターからシールを剥がしていきます。

表面の紙部分は手ではがれたので、残りのノリ部分を剥がします。

【必要な道具】

100均(ダイソー)で売ってるシール剥がし剤
ティッシュ
プラスチック製のスクレーパー(ねんどヘラ

スポンサーリンク



【作業の手順】

1・シールの上にティッシュを置き、シール剥がし剤を少しずつ垂らす

2・2~3分放置する

すると、シール跡に剥がし剤が浸透してノリが柔らかくなります。

3・ねんどヘラでこする

残ってるノリが団子状になります。

4・ティッシュで拭き取りながら、剥がし剤でボディを拭いていく

団子を拭き取るとこんな感じになります。

5・ノリの残りを剥がし剤が染み込んだ
キレイなティッシュで拭いたのち、乾拭きして完成

シール剥がし剤は揮発性が少なくて自然には乾燥しにくいので、念入りに乾拭きするとさらにキレイに仕上がります。

シール剥がし作業まとめ

冒頭でも言いましたが、ラッカー塗装のギターに剥がし剤を使うのは止めておきましょう。
僕自身、使ったことがないので、保証できません。

ラッカー塗装のギターにシールを貼る、ということがすでにどうかと思いますが、
もし中古などで手に入れたギターなら、リペアショップで相談してほしいなと思います。

スポンサーリンク



また、木や紙についた古いシールも、今回の方法と同じようにすればはがせます。
乾けばあとも残りません。

ブックオフなどの古本屋さんで買ってきた本についてる値札シールなども、
この方法でキレイに剥がせます。

シール剥がし剤は、実はジッポー オイル 大缶(355mL)【ZIPPO(ジッポ)】でも代用できます。
ジッポライターに入れるオイルで、コンビニなどでも見かけます。

ダイソーの剥がし剤と同じように使えます。

しかし、可燃性なので僕はあまり使いません。
乾いても何となく心配で、、、火が着いちゃうような気がして使ってないです。

今回の方法はシール剥がし全般に使えるので、ぜひ試してみてください!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする