陰陽座の新曲 桜花忍法帖のMVが黒猫さんのインスタで告知されました

陰陽座のニューシングル、「桜花忍法帖」のMV(ショートバージョン)が、陰陽座オフィシャルYouTubeチャンネルにアップされました。
ボーカルの黒猫さんがこのMVについて自身のインスタグラム(@kuroneko_omz)で、「動画はワンコーラスのみですが、もちろんCDでは更なる熱い展開や感涙のギターソロもたっぷり楽しんでいただけますので、」と話されています。

ショートバージョンなので全部で1分37秒、執筆現在で49,700以上の視聴回数の動画はこちらです。

スポンサードリンク


黒猫さんのフェイスブック、ツイッターはある?

黒猫さんはインスタグラムをやっていて、陰陽座のリリース情報をはじめ、リハーサルやライブ前の様子など、普段の陰陽座がよくわかる内容の投稿をされています。

バンドとしてのフェイスブック、ツイッターのアカウントはありますが、黒猫さん個人ではやっていません。
黒猫さんのSNSアカウントはインスタグラムだけです。

「桜花忍法帖」はどんな曲調?

新たな忍法帖である「桜花忍法帖」は、これまでの忍法帖シリーズをよりスタイリッシュにした雰囲気です。
個人的には、琴の音色によるオブリガード的なフレーズが印象的だと思いました。

フェードインから入るハードロックテイストなイントロは、琴があることで妙にスリリングに感じます。
今回もバンドの演奏、黒猫さんのボーカルはさすがの一言です。

桜を題材にした詞の世界とMVの映像がかっこよくマッチしていて、続きが聞きたくてウズウズします。

ギタリスト的に気になるのは、やはり狩姦さんのソロですね。
毎回、「忍法帖」シリーズでは狩姦さんが気合いの入ったテクニカルでメロディアスなソロを聞かせてくれますが、今回はどんなソロを弾いているのか気になりますね。

黒猫さんも言っている、「更なる熱い展開や感涙のギターソロ」が楽しみです。
なにしろワンコーラス1分37秒しかないので、絶対にこのあと熱い展開が待ってるよなーと思うと妙に焦らされます。

CDのリリースは2018年1月10日です。今からワクワクして待ちきれないですね。

MVを見た感想など

狩姦さん、招鬼さんは、前作に引き続いて同じギターを使っていました。
狩姦さんはポールリードスミス、
招鬼さんはギブソン・レスポール。

動画では暗くて正確な機種までは分かりませんでした。

狩姦さんのPRSはたぶんフロイドローズじゃなくてストップテイルピース、招鬼さんのレスポールはたぶんトップがグリーンのではなくて、1959リイシュー?かも
100%勘ですが。。。

たぶんついでに琴はキーボードの阿部雅宏さんだと思いますが、さすが阿部さん、ホントに琴いいです!
サビ前の緊張感、ワクワク感が増してます。

今回もドラムは土橋さん。タイトで曲にマッチしたドラムフレーズは相変わらずです。
BREAKERZも兼任されてるんですよね。

1月10日にリリースされるCDのカップリングには2017年のツアーで収録された最新未発表ライヴ音源が3曲収録されます。

  1. 甲賀忍法帖(実況録音版 ※2017 Live Version)
  2. 愛する者よ、死に候え(実況録音版 ※2017 Live Version)
  3. 蛟龍の巫女 (実況録音版 ※2017 Live Version)

自分が行ったライブの音源だといいなーと思いつつ、発売を待ちたいと思います。

【参照】
陰陽座オフィシャルYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/omzofficial

陰陽座オフィシャルサイト
https://www.onmyo-za.net/index.html

黒猫さんインスタグラム
https://www.instagram.com/kuroneko_omz/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする