第59回 輝く!日本レコード大賞 ハウスバンドのギタリストは誰?

2017年12月30日放送の「第59回 輝く!日本レコード大賞」は、乃木坂46の「インフルエンサー」が大賞を受賞しました。
今回もたくさんのアーティストが出演し、いろいろなスタイルの演奏が聞けて楽しめました。

レコ大のハウスバンドのギタリストですが、エレキとアコギのお二人いらっしゃいました。

エレキを弾いていたのは、古川望さん、
アコギを弾いていたのは、古川昌義さんです。

W古川さんですね。レコ大ではおなじみのコンビです。
お二人ともスタジオミュージシャンで、共に大阪府のご出身です。

あれだけたくさんの楽曲を譜面を見ながらとはいえキッチリ演奏されるのは、さすがにトップスタジオミュージシャンですね。

スポンサードリンク


古川昌義さんはどんなギタリスト?

コアなファンも多くいらっしゃる、一流スタジオミュージシャンの古川昌義さん。
1964年3月10日生まれで大阪市出身、現在はロスに在住されています。
サポートギタリストとしては、

  • 鈴木雅之
  • ASKA
  • CHAGE and ASKA
  • 岩崎宏美
  • 辛島美登里
  • 元ちとせ
  • 中島みゆき
  • 古内東子
  • MY LITTLE LOVER
  • 中西俊博
  • 伊豆田洋之
  • 徳永英明
  • 絢香

といったアーティストのサポートをされています。

古川昌義さんの現在の活動は?

最近では、My Little Loverアッコさんのツアー、絢香さんのツアー、「関ジャム」でのTV出演などで見かける機会がありました。

プロ・アマ問わずギターレッスンも行っていて、2018年1月に「古川昌義ギター塾 in Tokyo」を開催されます。
一般のギタリストもレッスンしてもらえるので、興味のあるギタリストは昌義さんのフェイスブックから応募してみてはいかがでしょうか。

古川昌義フェイスブック
https://www.facebook.com/masayoshi.furukawa.5

古川望さんはどんなギタリスト?

1959年5月14日生まれで大阪府出身、大阪工芸高校を卒業されています。
中学1年生でギター始め、その後購入したグレコのレスポール・タイプ、特注のジェフ・ベック・モデルを現在も現役で使用されているそうです。
吉田拓郎さんのツアーや、中島みゆきさんのツアーでも使っています。

サポートギタリストとしては、

  • 渡辺美里
  • KAN
  • 本田美奈子
  • 浜田省吾
  • kiroro
  • 平原綾香
  • 吉田拓郎
  • 中島みゆき

といったアーティストのサポートをされています。
過去には、元カシオペアの神保彰さん、櫻井哲夫さんと「シャンバラ」を結成していたこともあり、まさに実力派スタジオミュージシャンです。

古川望さんの現在の活動は?

現在は中島みゆきさんをメインに、様々なスタジオワークをこなされているようです。
現在進行形ではないのかもしれませんが、キーボーディストのお兄さんの初穂さんと結成された「古川兄弟」、サックス奏者の古村敏比古さんと組んだ「古川村」などのユニットも結成されています。

古川望さんの使用ギターは?

Valley Artsのギターをよく使われるそうです。
他にもSugi、ヴィンテージのFenderストラトなどを使用されています。
レコ大の映像を見た限りでは、1958年のストラトか、Valley Artsかもしれません。

望さんの活動の様子が分かるツイッターはこちら
https://twitter.com/nozomin0514

お二人の今後の活動にも注目ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする